お客さまとのエピソードのスタッフブログ一覧

2018年1月1日

お客さまとのエピソード0歳からでもできる「目の検診」をわかりやすい動画コンテンツに

弊社では動画コンテンツを制作する機会が増えています。その多くは、教授や院長のインタビュー動画なのですが、最近、「目の検診」をテーマにした動画コンテンツを制作させていただいたので、ご紹介します。

「目の検診」って、対象は小学生以上のイメージがありますが、0歳からでもできるということを、ぜひ多くの人に知ってもらいたいんです!

・・・と、弊社のお客さまである「ひらばり眼科」様の視能訓練士・Sさんが熱く語ったのが約半年前のこと。以来、何度も打合せを重ねて絵コンテを作成し、撮影、編集、BGM挿入などを経て、ようやく完成したのがこちら。

ひらばり眼科のめの検診

▲ ひらばり眼科様「目の検診」……紙芝居仕立てで、乳幼児の目の検診について分かりやすく紹介する動画コンテンツ

乳幼児のお子さんが楽しく検査できるような、さまざまなグッズを使っての検診シーンを盛り込み、「これなら、うちの子でもできるかも!」と、検診を受けていただくのが狙いです。

<検査シーンの一例です>

縞視力の紹介

DOT CARDの紹介

ランドルト環の紹介

動画コンテンツのできることは、まだまだあります。
興味のある方は、ぜひBunsoshaまでご相談ください。

2017年12月1日

お客さまとのエピソード山口病院創設者、山口勇「長寿の祝」は、あたたかい空気に会場が包まれていました

一人ひとり、笑顔で迎える山口勇先生

今までの90年を写真綴るスライドショーに皆さん見入っていました

山口病院(名古屋市南区)理事長の山口勇先生が、卒寿を記念して開催した「長寿の祝」。
弊社はポスターやチラシ、記念誌&写真集に加えて、当日会場に流すスライドショーや垂れ幕(タペストリー)など、すべてのツールを制作させていただきました。
当日は台風が東海地方を通過すると予測されていたため、「来てくれるだろうか」と数日前から周囲はやきもき。そんな不安を吹き飛ばすかのように、当日はたくさんの方が足を運ばれ、一時、受付は行列ができるほどでした。
山口勇先生は終始にこやかに一人ひとりを迎え入れていました。これまでの人生で関わった大切な人たちの笑顔に囲まれての一日。
まさに人生の晴れ舞台です。
そんなすばらしい一日に制作スタッフとして携われたことに心から感謝しています。
ありがとうございました。

制作のお手伝いをさせていただいた山口勇先生の記念誌(自伝)と写真集

2017年12月1日

お客さまとのエピソードスタッフ皆さんのホスピタリティ精神あふれるトヨタ記念病院「病院祭」

ポスター

紅葉が見頃を迎えるこの時期、全国各地の病院で開催される「病院祭」。今年は開院30周年を迎えるトヨタ記念病院「病院祭」のポスターとチラシ、さらに来場者にお渡しするパンフレットを制作させていただきました。

当日、会場に足を運ぶと、いつもは静かな病院内が楽しいお祭りムードに包まれていました♪

看板

手術ロボット「ダビンチ」やパーソナルモビリティ「Winglet(ウイングレット)」の体験コーナー、市民公開講座、健康相談コーナー、名古屋グランパスのメンバーによる親子サッカー教室、院内見学、屋台村、キッズエリアなど盛りだくさんのプログラム!

広い駐車場には野外ステージや屋台村が出現!

手術ロボット「ダビンチ」を体験!

来場者には、その場でもらったパンフレットなどを入れるエコバッグまで無料配布するなど至れり尽くせり。
スタッフの皆さんのホスピタリティ(おもてなし)精神がずっしり伝わってくる病院祭でした。

ちなみに弊社スタッフの佐藤は、豊田市民ではないのですが、視察をかねて家族連れで参加し、「家族孝行もできた♪」と大満足でした。

ロゴ入りのエコバッグ

▲ ロゴ入りのエコバッグ(左)をいただきました!
当日配るパンフレットは、持ち運びしやすいよう四つ折りサイズに仕上げました!

2017年11月1日

お客さまとのエピソード求人難はゆゆしき死活問題

名駅での打ち合せを終えた帰り道、スマホの電話を取ると
「求人ページ、急いでつくって!」と、
ある歯科の院長が堰を切ったように話しはじめました。

院長によると「歯科業界における歯科衛生士の求人難はゆゆしき死活問題。
歯科衛生士が足りなければ治療もできない。この先、大変な奪い合いになることは間違いない」とのこと。
予約が取れないほど超人気の歯科であるにも関わらず、立て続けに「寿退社」などで人が辞めてしまい、求人は「唯一で最大の頭痛のタネ」と頭を抱えます。

そこで大急ぎで撮影スケジュールを組み、スタッフアンケートを展開し、現地(富山県高岡市)に飛んで取材&撮影を敢行。約1カ月半で求人ページを追加しました。

http://www.makino418.com/recruit/

よいスタッフが仲間入りすることを願っています。

2017年10月1日

お客さまとのエピソード山口病院の創設者、山口勇先生 「長寿の会」ポスターとDMができました。

前回のBUNBUN通信でご紹介した、山口病院(名古屋市南区)理事長の山口勇先生が、卒寿を記念して10月に開催する「長寿の会」。そのポスターとDMができました!
シュプールを描く雪山の写真は、山口勇先生が撮影したもの。
シュプールは先生ご自身の「来た道、行く道」を表しています。

「1日の終わりは、毎日が臨終日」として、1日1日を大切に生きていらっしゃる先生。きっとすばらしい会になると思います。

※山口勇先生とご縁があり、参加ご希望の方は、山口病院「長寿の会」までお問い合わせください。TEL: 052-611-6561(代表)