お客さまとのエピソードのスタッフブログ一覧

2018年12月1日

お客さまとのエピソード中待合室の壁一面に、大きなポスターが誕生! 言葉では言いづらい院長の思いをイラストで伝えます。

「子どもが泣いたりダダをこねたりはしかたがないにしても、診療ベッドを椅子代わりに座ったり、注射を打つ時に『かわいそう』と涙ぐんだりする保護者の方がいると、院長が診察しづらくてホント困るんですよね」と小児救急認定看護師さんが話してくれたのが今年春のこと。

そこで、中待合の壁に、診察への理解を深めてもらう大きなポスターを作ろうということになり、
制作プロジェクトがスタートしました。
約半年の制作期間を経て完成した2枚がこちら!

● “「診察室」ってこんなコトをするよ!” ポスター

幅160cmの巨大ポスター。耳、鼻、のど、おなかの検査内容を事前に知ってもらうことで、診察をよりスムーズにするのが狙いです。

● “診察室の「喜怒哀楽」教えます” ポスター

院長が保護者の皆さんに伝えたいことを、喜怒哀楽の4つのシーンを通じて、イラストで楽しく理解してもらうのが狙いです。


現場での貼り付けも弊社スタッフが行いました♪


完成したポスターを喜んでくださった竜美ヶ丘小児科院長の鈴木先生。

2018年12月1日

お客さまとのエピソード岩手医科大学「呼吸器・アレルギー・膠原病内科学講座」のホームページをリニューアルしました。

岩手医科大学「呼吸器・アレルギー・膠原病内科学講座」

花巻空港でレンタカーを借り、車を走らせること約50分。盛岡市内の市街地に創設100年以上の歴史を持つ岩手医科大学があります。

今回、ホームページをリニューアルさせていただいたのは、「呼吸器・アレルギー・膠原病内科学講座」。その名のごとく、3つの専門分野を扱っているのが特徴です。
医局を束ねる前門戸教授はとてもジェントルマンで、医局内の勉強会では若手に意見を聞き、にこやかに答えるなど、なごやかな空気に包まれています。その空気感がホームページからも伝わればうれしいです。

岩手と名古屋という遠距離にも関わらず、弊社にホームページのリニューアルを指名していただき、本当にありがとうございました。
これで弊社の目標である「全国都道府県すべてにお客さま」へまた一歩近づきました!

岩手医科大学 呼吸器・アレルギー・膠原病内科学講座 ホームページはこちら

2018年11月1日

お客さまとのエピソード安城碧海看護専門学校のWebサイトとパンフレットを制作しました

安城市医師会様との縁あって、安城碧海看護専門学校のWebサイトとパンフレットを制作させていただきました。

他がやっていないような独自性のあるものにしたいという強い思いを受け、制作には学生さんたちにも参加いただきました。学生が描いたイラスト・コミックを弊社でブラッシュアップして、Webサイトとパンフレットのデザインに活かしています。8月に行われたオープンキャンパスに間にあわせるべく、学生さん、事務の方々にご協力いただき、短納期でしたがなんとか間に合わせることができました。

パンフレット

ホームページ

さらに通常パンフレットの他に8ページ仕立てのコミックも作成!他の看護専門学校ではあまり見ないオリジナリティ溢れるツールができあがりました。

コミック

コミックはWebサイトからもご覧いただけます。

2018年11月1日

お客さまとのエピソード内閣官房に認められた、小児救急の活動「つながる ひろがる 子どもの救急」(通称つなひろ)

以前、BUNBUN通信でお知らせした小児救急の活動「つながる ひろがる 子どもの救急」(通称つなひろ)が、内閣官房国際感染症対策室「第2回 薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動」において入賞しました!
つまり、国が認めた重要な活動として位置づけられたことになります。

文創社は、この活動を広く知ってもらうため、ロゴマーク、Webサイト、パンフレット、アニメーションによる動画を制作させていただきました。

ロゴマーク、Webサイト、パンフレット、アニメーションによる動画

この活動の中心となって頑張っているのは、小児救急認定看護師の資格を持つ、元気ハツラツのママさん。打ち合わせでお会いするたび、「こうしたい!ああしたい!」と、小児科の先生、子どもを育てるご両親、そして子どもたちのために、いろいろなアイデアを伝えてくれます。
それをカタチにするのが大変でもあり、楽しくもあり(>_<)

じつは現在も、診療への思いを伝える、巨大な院内ポスターを制作中!
完成したらまたご報告するので、お楽しみに!

2018年10月1日

お客さまとのエピソード700年の歴史を持つ和漢薬「三光丸」の、かわいいミニツールを作りました!

奈良県を発祥とする和漢薬の「三光丸(さんこうがん)」
700年の歴史を持つ、超ロングセラーのお薬です。
この「三光丸」の秘伝の配合を大切に守り続けているのが、奈良で代々続く米田家です。

弊社は、米田家の当主(現社長)と20年以上前からおつきあいがあるのですが、この夏、奈良から弊社に足を運ばれ、「三光丸を多くの人に広めるツールをつくってほしい」と依頼を受けました。

とにかく歴史ある和漢薬ですから、重厚感のある仕立てにしがちですが、いろいろ検討した結果、あえてキャラクターを全面に押し出した、親しみのあるミニパンフレットを作ることにしました。
完成したのがこちら!▼

表紙にはサンプルも取り付けてアピール!

今後、関東や関西の薬局で無料配布予定。
もし見かけたら、ぜひぜひお持ち帰りください。