ITよもやま話のスタッフブログ一覧

2018年12月1日

お客さまとのエピソードネットの普及で進む、駐車場の「C to C(個人間取引)」

先日、とあるイベント会場に車で出向く必要があったのですが、その会場は駐車スペースが少なく車を停めるのに苦労すると聞いていたので、周辺の駐車場をWebで探していました。そこで気づいたのは、今の時代、駐車場もネット予約できるということ。

「Times」などのコインパーキングのサービスだけでなく、駐車場を持つ個人宅から月極駐車場のオーナーまで、登録して駐車場を貸し出しています。
「akippa(あきっぱ)」というサービスが有名なようです。

ナゴヤドームで中日ドラゴンズの試合がある日などは、周辺住人の方が1,000円!と書かれたプラカードを持って客引きをしているのをよく見かけますが、今時はオンラインで空き情報を公開、予約ができて支払いはクレジットカードで、というスマートな時代になりました。

利用者側にとって、あらかじめ予約することで駐車場を確保できるのは安心です。また、貸し出す側も、使っていない駐車スペースを有効利用することでお小遣いになるし、何より精算機など設備投資が不要というのはうれしい限りです。

今後、こういった予約系サービスやC to C(個人間取引)のサービスは増えていくと思われます。
弊社でも既成概念にとらわれないWin-Winなサービスを提供できるよう努めてまいります。

2018年11月1日

お客さまとのエピソード文創社発、きめ細かくカスタマイズできる「予約システム」

文創社では、ITサービスはもちろん、Webサイト、CMS構築、グラフィックデザイン、編集、撮影まで多岐にわたってメディアツールを提供してまいりましたが、この度、新しいサービスとして、リーズナブルな価格で操作も簡単な予約システムを立ち上げることになりました。

なぜ予約システムなの?
星の数ほど予約サービスがあるのに、なぜ参入するの?

それはお客さまに「ワンストップサービス」をお届けしたいからです。
多くの場合、Webサイトの制作はA社、予約システムの管理はB社と分かれています。
それを1社にまとめて一元化すれば、運営する費用も負担も軽減します。
また、Webサイトのデザインと予約システムのデザインも統一することができます。

世の中にはハイスペックで高額な予約システムもありますが、弊社としては、クライアント様のニーズにきめ細かく対応してカスタマイズできる、小回りのきいてリーズナブルな予約システムを提供していきたいと考えています。

まずは短期間の「インフルエンザ予防接種 予約システム」の試験導入でしっかり検証し
その後、健診予約、診療予約、セミナー予約などメニューを増やしていく予定です。

サービスが本格稼働した際は、正式にご案内をさせていただきますので、どうかよろしくお願いいたします。

2018年10月1日

お客さまとのエピソードネットに投稿された口コミって削除できるの?

最近、何人かのお客様から「インターネット上で否定的な口コミを書かれて困っている、削除できないか」という相談が寄せられました。
Googleで店舗名(クリニック名)を検索すると、検索結果の右側(スマートフォンの場合はページの上の方)に店舗情報が表示されます。これは「Googleマイビジネス」というもので、その機能の一つに「口コミ情報」があります。口コミは誰でも自由に投稿できるため、中にはネガティブなコメントも多く見受けられます。

「Googleマイビジネス」に投稿された口コミは、原則、投稿者のみ消すことができ、店舗側では消せません。
そこで、対応できる方法は以下の2つです。

  1. 不適切な口コミを報告する
    口コミがGoogleのポリシーに違反している場合、違反報告をすれば削除してくれる場合があります。
    口コミ記事にマウスを合わせると表示される「旗マーク」をクリックして違反報告ができます。

    不適切なクチコミを報告する
    https://support.google.com/business/answer/4596773?hl=ja

    ※ただしGoogleは事実関係を証明できないため、よほどのことがない限り削除はしてくれません。

  2. 良い口コミを投稿することで、目立たなくさせる
    とは言っても、待っていても良い口コミが増えるとも限りませんので、懇意にしてくれているお客様に「口コミ」投稿を依頼するのがおすすめです。簡単な手順書を渡して「よろしければ評価をお願いします」と、その場でやっていただくと効果的かもしれません。
    良い口コミが増えると評価の平均が上がり、悪い口コミも目立たなくなります。

最近は「口コミ削除します!」と宣伝している業者が横行しているようですが、そのような都合のよい方法はありません。
考えようによっては、業者サイドで悪い評価をして、お金をもらって自分で消すというマッチポンプなこともできるので、全面的に信用するのは危険です。くれぐれも注意しましょう。

2018年9月1日

お客さまとのエピソード国をあげて推進する「キャッシュレス化」、成功の鍵を握るのはQRコードか?

世界ではキャッシュレス決済(クレジットカード、電子マネー、スマホ決済など)が進んでおり、韓国でのキャッシュレス決済比率は90%だそうです。
しかし、いまだに現金信仰が強い日本では20%程度とキャッシュレス決済後進国であることをご存知でしょうか。

そのような中、最近注目を集めているのが「QRコード決済」で、楽天やLINE、ドコモ、KDDI、その他スタートアップ企業などが参入を表明しています。

QRコード決済は、スマホに専用のアプリを入れたら次のいずれかの方法で決済を行います。

  1. 利用者のスマホにQRコードを画面を出して、お店側がそれを読み込む
  2. お店がQRコードを掲示し、利用者のスマホでそれを読み込む

QRコード決済は、店舗側の投資がほとんど必要なく、高額な専用端末がいらないため導入が容易です。
また「おさいふケータイ」である必要はなく、ほとんどのスマホでQRコードが読み込めるため、利用者の端末も選ばないというメリットがあります。
個人的にはこのハードルの低さが、日本のキャッシュレス決済比率を引き上げる鍵になるのではないかと思います。

最近では医療機関でもQRコード決済ができるようになりつつあるそうです。
初診時、幾らかかるのか分からないため、財布の中身を心配していつもドキドキする自分にとっては、医療機関でキャッシュレス決済ができると嬉しいです。

2018年8月1日

お客さまとのエピソードネット社会は危険にさらされている。だから、ネットのやりとりを暗号化する常時SSL化が必要

最近、ホームページをチェックしていると【保護されていません】とメッセージが表示されることがありませんか?
Googleが開発するWebブラウザ「Chrome」は、2018年7月にリリースするバージョンから、SSLに対応していないセキュリティの低いホームページは、【保護されていません】と警告を表示します。

SSLとは、インターネット上の通信を暗号化することで、第三者からの盗聴を防ぐセキュリティの仕組みです。
SSLで通信されているページは、URLが「http://」でなく「https://」から始まっているので、下図のように簡単に見分けることができます。

従来は、ショッピングサイトの注文時やネットバンキングなど個人情報をやりとりする時だけSSLで通信を暗号化していましたが、インターネットでのセキュリティリスクが高まるなか、ホームページの全ページを暗号化する「常時SSL化」が急速に進んでおり、Yahooなど大手サイトもこれに習っています。
皆さんが安全にインターネットを利用できるよう、Google始め業界全体が常時SSLの普及に取り組んでいるというわけです。
将来的にはインターネット上の通信は全て暗号化されるようになっていくと思われます。

■ 常時SSL化のメリット

  1. セキュリティの強化
    フォームに入力する個人情報だけでなく、通常のページを閲覧している時でも、ブラウザに残っている閲覧履歴やログイン情報などの盗聴を防ぐことができます。
  2. アクセス解析の精度向上
    訪問者がどこのホームページからやってきたかを知るための情報を、より正確に知ることができます。
  3. 検索結果への影響
    Googleは、「ホームページがSSL化しているかどうか」を検索結果の順位決定の要因とすることを発表しています。

■ 常時SSL化の注意点

SSL化により通信が暗号化されたとしても、古いOSやブラウザ(※)のスマホ・PC環境は脆弱性があるため、多くのレンタルサーバー会社では、よりセキュリティを高める施策としてSSL化したホームページ自体を閲覧できなくするように切り替えています。

※ホームページを閲覧できなくなる古いOSやブラウザ
スマートフォン/Android 4.4以前、iOS 4以前の端末における標準ブラウザ環境
パソコン/Internet Explorer 10以前のブラウザ、Mac OS 10.8以前の環境

弊社で管理させていただいているお客様ホームページのSSL対応については、別途郵送にて案内を送付しておりますので、ぜひご一読ください。