2018年のスタッフブログ

2018年1月1日

お客さまとのエピソード0歳からでもできる「目の検診」をわかりやすい動画コンテンツに

弊社では動画コンテンツを制作する機会が増えています。その多くは、教授や院長のインタビュー動画なのですが、最近、「目の検診」をテーマにした動画コンテンツを制作させていただいたので、ご紹介します。

「目の検診」って、対象は小学生以上のイメージがありますが、0歳からでもできるということを、ぜひ多くの人に知ってもらいたいんです!

・・・と、弊社のお客さまである「ひらばり眼科」様の視能訓練士・Sさんが熱く語ったのが約半年前のこと。以来、何度も打合せを重ねて絵コンテを作成し、撮影、編集、BGM挿入などを経て、ようやく完成したのがこちら。

ひらばり眼科のめの検診

▲ ひらばり眼科様「目の検診」……紙芝居仕立てで、乳幼児の目の検診について分かりやすく紹介する動画コンテンツ

乳幼児のお子さんが楽しく検査できるような、さまざまなグッズを使っての検診シーンを盛り込み、「これなら、うちの子でもできるかも!」と、検診を受けていただくのが狙いです。

<検査シーンの一例です>

縞視力の紹介

DOT CARDの紹介

ランドルト環の紹介

動画コンテンツのできることは、まだまだあります。
興味のある方は、ぜひBunsoshaまでご相談ください。

2018年1月1日

お客さまとのエピソードメール設定に不可欠の「POP」「IMAP」とは?

「POP」と「IMAP」、なんとなく聞いたことがある人も多いと思いますが、2つともEメールを受信するための仕組みです。
メッセンジャーやLINEが普及しても、未だにビジネスの世界ではメールでのやり取りが多く、新しいパソコンやスマホを購入したら、必ずメール設定でPOPかIMAPを設定することになります。

● 「POP」
「Post Office Protocol」の略で、サーバーにあるメールをパソコン等にダウンロードして、その端末上でメールを管理する仕組みです。
メッセンジャーやLINEが普及しても、未だにビジネスの世界ではメールでのやり取りが多く、新しいパソコンやスマホを購入したら、必ずメール設定でPOPかIMAPを設定することになります。

● 「IMAP」
「Internet Message Access Protocol」の略で、サーバーにあるメールを残したまま、サーバー上で管理する仕組みです。

パソコン1台でしかメールを使わないのであれば、POPでも良いですが、スマホやタブレットなど含めた複数の端末で同じメールアドレスを使うのであれば、IMAPが適しています。メールがサーバー上にあるので、パソコンで削除したり開封したりすると、その状態がスマホでも反映され便利です。
ただし、サーバー容量の上限に達するとメールが受信できなくなってしまいますので注意しましょう。

(注)POPでも、受信したメールをサーバーに残す設定にしておけば複数台の運用も可能ですが、同じメールを再ダウンロードする手間がかかります

2018年1月1日

お客さまとのエピソード便器のIoTで経済が活発化するかも?


画像出典:http://mrfriendly.nl/en/

居酒屋でトイレに行くと、個室内の目線の高さにそのお店の広告物などが貼ってあることがよくあります。
用を足しているときは他にすることがないので、つい見てしまいますよね。

その効果を狙ってか、オランダのスタートアップ企業が、スマート便器なるものを発明しました。
男性が便器の前に立つと、センサが検知して便器に設置されたモニタに広告が表示されるというもの。男性向け限定ということで、場所と時間帯によって表示する広告をカスタマイズすれば意外と効果が高いかもしれません。

例えば週末の高速道路SAであれば、日中は家族連れのお父さんを狙って近隣の観光地、ゴルフ、自動車関連など。平日夜の駅では、ビジネスマン向けに書籍、ケータイ、スーツ・紳士服の広告などを表示すると良いのではないでしょうか。

近い将来、その場で尿検査をして結果が表示される、なんていうドキドキのスマート便器も発明されるかもしれませんね。

Mr.Friendly
http://mrfriendly.nl/en/